ブライトエイジは妊娠中に使ってもいい?

妊娠中に突然、くすんできたり黒ずみが増えたりすることがありますね。

 

これはホルモンの関係からなのですが、こんなときにブライトエイジを使いたいという妊婦さんももしかしたらいるかもしれません。

ブライトエイジが妊娠中でも使えるのか、また授乳中のママたちにも良いのか?気になるところに迫ってみました。

☆ブライトエイジを妊娠中に使ってもいいか?

いろいろ調べてみたのですが、賛否両論があるようです。

美白化粧品などは妊娠中や授乳中には避けたほうがよいという意見もあれば、

ブライトエイジは良い成分を配合し、負担になるような成分がないので、大丈夫という意見もありました。

妊娠中はお肌もデリケートになっています。今まで使っていた化粧品が合わなくなるということもありますよね。

なのでこういう敏感な時期に化粧品をいきなり変えるというのもどうかなと思います。

また妊娠中には避けたい成分もあるんです。

ブライトエイジにそんな成分があるかどうか詳しく見てみる必要がありますね。

気になったのがパラベンです。

ブライトエイジにはパラベンが配合されています。

お肌につけるものなのに、おなかの赤ちゃんは関係ないんじゃないか?という意見もでてきそうですが、お肌から体内に吸収されるということもあるんです。

多量のパラベンが体内に入ることで、胎児の成長が妨げられたり、出産後その子が肥満傾向にあるという研究結果もあるというので、パラベンは妊婦さんは避けたほうがいいのでは?という意見もあるわけですね。

どうしても心配な場合は、担当医に相談してみるのが一番だと思います。

個人的には、やはり妊娠中は大切でありデリケートな時期なので、できれば避けたほうがいいのではないか?と思いますね。

☆ブライトエイジは40代50代の女性におススメ

もちろん40代でも妊娠中の方はいらっしゃるでしょうけれど、多くの妊婦さんは20代30代ではないでしょうか。

そういった若い女性たちがブライトエイジを使う必要があるのでしょうか?

妊娠するとホルモンのバランスがくずれ、シミがふえたり、お肌がくすんだりもします。それを改善しようと美白化粧品などを使ったらよいかと考えて使う人も多いようですが、

こうした妊娠中のトラブルの多くは産後に解消されることがほとんどです。

産後にシミが薄くなったとか、くすみが解消されることもあります。

原因がホルモンのバランスの崩れだからです。

もちろん産後もしっかりとケアしないといけないでしょうけれど、あえて、ブライトエイジを使いたいというのであれば、産後、授乳期が終わってから使うというのも良いと思います。

エイジングケアをするための化粧品ですから、40代や50代の女性たちに好まれている化粧品です。

だからといって若い人が使っちゃいけないということはないですけどね。

産後、お肌のエイジングが気になったら、使ったらよいと思いますよ。

どうしても妊娠中や授乳中に気になるというのであれば、妊婦さんにおススメな刺激の少ない化粧品を探してみるのも一つの方法だと思います。

公式サイトはこちら!

http://brightage.jp/

.

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ