ブライトエイジには副作用はないのか?安全に使えるコスメなのか?

ブライトエイジがエイジングケアに効果があるというのはご存知の方も多いでしょう。

乾燥対策、そして美白効果もあるっていうことで、もしかして副作用があるのでは?と心配する人もいるのではないでしょうか。

実際のところどうなんでしょう。ブライトエイジが安全なものなのか、副作用がないのか?その辺のところ調べてみました。

☆ブライトエイジに副作用はないか?

以前、美白化粧品の副作用で問題が起きたことがあったからか、美白というと副作用は?と敏感になってる人も多いと思います。

美白成分といえば、ハイドロキノンがよく知られています。

これも効果が高い反面、逆につけた部分が白く抜けてしまったり、かぶれやかゆみなどのアレルギー症状を起こす場合があるようです。

ただし、このハイドロキノンも医師の処方であれば、用法と使う量をきちんと守れば問題がないはずですし、一般の化粧品などに含まれている場合は濃度がそれほど濃くないので副作用の心配はないとのことなんですね。

では、ブライトエイジに副作用はないのでしょうか?

ブライトエイジに使われている美白成分は薬用有効成分「トラネキサム酸」です。

このトラネキサム酸は副作用などの報告もそんなにない比較的安全な成分だと認められています。

ブライトエイジを実際に使ってみた人たちの口コミを見ても、特に副作用があったという報告は見当たりません。

ただ、中には、お肌に合わなくて、瞼が赤くはれたり、かゆみがでたり、ピリピリしたりということがあるようですね。

それは副作用というよりはアレルギー反応みたいなものかもしれません。

ブライトエイジも副作用は特にないといっても、使う用法、量などをきちんと守るのがベストだと思います。

効果を実感するにはそうした基本的なことも大切ですね。

☆ブライトエイジは安全な化粧品

ブライトエイジをより安全により効果的に使ってもらいたいという製造会社である第一三共ヘルスケアさんのこだわりを紹介しましょう。

まず、このブライトエイジを作るためには、美容成分と相性のよい「超純水」を使っています。超純水というのは、ナノサイズのウルトラフィルターを通してろ過した純度の高い水です。

ろ過することで、最近やほこりなどの不純物を取り除きます。

こうした何も混ざっていない水であるがゆえに、美容成分が溶けやすいんです。

そして、臨床試験もしっかり行われていますし、これが有用であるということが実証されています。

製造過程においても、しっかりとした衛生管理のもとに、国内の工場で製造されています。

日本国内で製造されているというのもまた安心材料の一つですね。

有効成分や美容成分はしっかり配合されていますが、

合成香料、合成着色料、エタノールなど刺激の強いもの、お肌によくないものは、配合していません。

製造過程を見ても、安心ですね。

副作用の心配もなく、安心して使えるブライトエイジです。

公式サイトはこちら!

http://brightage.jp/

.

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ